なぜ市販のシャンプーじゃいけないの?

このカテゴリでは「なぜ市販のシャンプーじゃいけないの?」というテーマでお話しています。

 

 

できたら、シャンプーみたいな日用品はスーパーやドラッグストアで買いたいと思うのが普通です。

 

 

でもスーパーやドラッグストアでは、まずいいシャンプーは手に入りません。

 

 

頭皮のダメージや髪のダメージに悩んでいるというなら、ますます市販のもので、いいシャンプーはないかななんて探すべきではないでしょう。

 

 

なぜなんでしょうか?

 

 

その市販のシャンプーを使ってはないない根本的な理由を書いています。

 

 

 

なぜ市販のシャンプーじゃいけないの?記事一覧

髪のダメージはほとんどが「乾燥」からおこるものですよね。絶対ではありませんが、女性の長い髪で、傷みがちである場合は乾燥していることが多いように思います。髪は生きている細胞ではありませんが、水分を吸って膨張することもあれば、乾けば縮んだり、くねったり、割と自由自在です。なので、しっかりケアすれば、意外とすんなりよい状態になるものです。市販のダメージケアシャンプーはむしろダメージを増やします女性のダメ...

ドラッグストアでは、高級アミノ酸系シャンプーはほとんど置いていませんよね。価格が高いので、ドラッグストア側の在庫リスクがあるということは、もちろんありますよね。でも、そもそも高級アミノ酸系シャンプー自体が、たくさん生産できるシロモノではないからですね。高級アミノ酸系シャンプーは材料の品質が良くなくてはなりません。(防腐剤などがたくさん入れられない)そのため、原価が高く、多くの材料を確保することがで...

アミノ酸系シャンプーを購入しようとドラッグストアーに行ったのですが、ネットでよく見かけるような種類のアミノ酸系のシャンプーはほどんど置いていませんでした。どうしてドラッグストアでは、あまりアミノ酸系シャンプーを置いてないのでしょうか。大量に売るには向いてない商品で、販売店側にリスクが高いからドラッグストアでは、アミノ酸系シャンプーって、ほとんど置いてません…これ、アミノ酸系シャンプーの性質によるも...

こんにちは、noriko です。私のこのホームページには、「サロンで使っているシャンプーを市販で売っているか」のような検索フレーズで来られる方が多いです。今日はそれについて書いていこうと思います。サロンで使っているシャンプーっていうのは、大手チェーンの場合、自社開発する場合があります。その場合は、サロンで売っていれば、サロンで買うことができますね。小規模の美容院の場合は、大抵は業者からシャンプーを...

こんにちは、noriko です。私のこのホームページに「うるおい重視市販シャンプー」という検索フレーズで訪問された方がいらっしゃいます。今日はこのことを書いてみようと思います。シャンプーの「うるおい、うるおい」とCMでは盛んに言ってますけどね、結局、石油系界面活性剤なんかの強い成分を使っているシャンプーじゃだめなんですよ。一時的に潤ってるようで、指通りが良くなっても、それは「人工的なもの」ですから...

こんにちは、norikoです。私のこのホームページに「ダメージ用シャンプーは頭皮によくない?」という検索フレーズで訪問された方がいらっしゃいます。今日は、これについて書いてみたいと思います。ダメージ用シャンプーは頭皮によくないのか…いえ、ダメージケアシャンプーが頭皮に良くないのではありません。もちろん、頭皮に負担をかけない良いシャンプーもありますし、また、それは私から見たものであってシャンプーの合...