ラウレス硫酸Naなどが入ったシャンプーしか合わないということならそれを使われたら良いかと思います。

こんにちは、norikoです。

 

 

私の運営するホームページに「硫酸系シャンプーしか合いません」と検索してこられた方がいらっしゃいます。

 

 

硫酸系のシャンプーというのは、ドラッグストアやスーパーで売られている数百円のシャンプーですね。

 

 

ラウレス硫酸ナトリウムという洗浄成分が主力で、「高級アルコール系シャンプー」とも言われています。

 

 

シャンプー系の大体のホームページで「洗浄力が強すぎるから頭皮にも髪にも良くない」って言われます。

 

 

私も某化粧品メーカーのシャンプーでかゆみとフケだらけになったことがあるので、頭皮と髪に基本的には良くないんじゃないかなということは認めざるを得ないです。

 

 

でも、それしか合うものが今までなかったとおっしゃるんなら、それを別に使ってよいのではないでしょうか。

 

 

高級アルコール系シャンプーにもいろいろありますが、若い女性をターゲットにした、カジュアルなシャンプーはかなり洗浄力が強いですし、シリコーンが入っているものも多いです。

 

 

かたや家族みんなで使えると宣伝している「メリットシャンプー」のようなシャンプーは、ラウレス硫酸ナトリウムが入っていながらも、高級なアミノ酸シャンプーにも入るような良い保湿成分がしっかり入り、ノンシリコーン、弱酸性でかなり優しいです。

 

 

シャンプーされる赤ちゃん

 

 

ラウレス硫酸系のシャンプーしか合わない…となる理由。洗浄力が強いのでかえって洗いすぎないことも。

 

「メリット」のようなシャンプーは昔からしたらすごく優しく進化しています。

 

 

それでもやっぱりラウレス硫酸系の洗浄成分は頭皮や髪のダメージはどうしても大きめなんですよね。

 

 

それが、アミノ酸系シャンプーなんかよりは、そちらのほうが合うということはいったいどうしてなのでしょうか?

 

 

それはやはり、「一度の洗浄でほとんどの油と汚れを落とすことができる」ことでしょう。

 

 

ともすれば一度でも落としすぎになっちゃう(私の場合)というものもあるんですが…(^_^;)

 

 

また、もう一つ。きしみにくい成分が入っているからでしょう。

 

 

アミノ酸系シャンプーの場合はどうしても洗浄力が弱いですからね。

 

 

もし20代で、肌が強くて、皮脂が多めの人の場合。アミノ酸系シャンプーだと洗えてない感じがして、2回も3回も洗い直してしまう、ということをせざる得ない人がけっこういらっしゃるでしょう。

 

 

でも2回はともかく、3回も洗えばちょっと洗いすぎになってしまいます。

 

 

それが、ラウレス硫酸ナトリウム入りの高級アルコール系シャンプーなら、1回でほぼ済むとします。

 

 

いくらアミノ酸系シャンプーでも、3回も4回も洗い直したら、高級アルコール系シャンプーで1回を洗うよりもむしろ頭皮と髪の皮脂を取りすぎてしまう、ということになりかねません。

 

 

これにくわえて、そのアミノ酸シャンプーが精油をたくさん使っていずに、ほとんどアミノ酸系洗浄成分だけを使っている場合は乾かしたあとに髪がきしみますからね。

 

 

さらに洗いすぎればますますきしむわけです。

 

 

このような場合、きしみにくいシリコーンやその他補修成分が入る高級アルコール系シャンプーのほうが合うと思うのは当然でしょう。

 

 

アミノ酸シャンプーは高くて、量が少ないからケチろう…とすると十分洗えてなくて問題が起こることも。

 

また、アミノ酸シャンプーは高くて、量が少ないです。

 

 

1回の使用量の目安としては500円玉くらいの量を手に取って…が標準ですよね。

 

 

でも、この量は髪の長さによって違うのが本来普通だと思うんですよ。

 

 

たしかにアミノ酸シャンプーで洗いたいのは特に頭皮なんですが、髪も洗いたいですよね。

 

 

なのにケチって使わなくてはならないくらいの量だと満足に洗えないです。

 

 

もともと洗浄力が弱いのです。美容室で使っているのはまずアミノ酸洗浄成分の高いシャンプーですが、惜しげもなく2回は使います。

 

 

1回目は髪と頭皮の表面の油と汚れを流します。油汚れがひどいと泡立ちが悪いので。

 

 

2回目はしっかり泡立てて、頑固な汚れを絡めとるのです。

 

 

ここまでやれればスッキリできるわけですが、アミノ酸系シャンプーはここまでできる量のシャンプー量ではないのが現実です。

 

 

これだと、頭皮と髪を洗っても、余分な皮脂や汚れが取りきれないという人もいらっしゃるかもしれません。

 

 

それだと、スッキリとしないですし、頭皮の状態が悪化しかねません。

 

 

このような場合、やはり高級アルコール系シャンプーのほうが合うと思うのは当然でしょう。

 

 

使う量をそんなに気にするほどの価格ではないですしね。

 

 

刺激に強く、自己修復力が高いうちはラウレス硫酸Na入りだろうが、合うと思えばそれを使えばよいでしょう。

 

高級アルコール系シャンプーが頭皮と髪にじわじわとダメージを与えるのは仕方ないことです。

 

 

アミノ酸シャンプーも、せっけんだって、ノーダメージではありませんし。

 

 

ただ、若くて、肌が強い人はダメージからの自己修復力も強いですからね。

 

 

高級アルコールシャンプーが合うという人はダメージの自己修復力が強いのだと思います。

 

 

それが続く若いうちは使えばよいと思います。

 

 

でも、だんだん年齢とともに、刺激への抵抗力が弱まり、肌の補修力が落ちてくると、高級アルコール系シャンプーの刺激が厳しくなる時もくるかもしれませんね。

 

 

その時は、肌質も、髪質も変わっていることですし、アミノ酸系シャンプーでちょうど良いのが見つかるかもしれませんね。

■髪のダメージ別おすすめシャンプーランキングページへは下のボタンをクリックしてください

パサパサ、乾燥

細毛、ぺたんこ

うねり、くせ毛

ごわつき、ひろがり、枝毛

切れ毛

白髪

髪早く伸ばしたい

トライアル、返金保証


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

こちらも参考にしてくださいね。
髪のことをよく考えたアミノ酸シャンプーを掲載。
実はこっちのほうがあうシャンプーがあるかも。
「女性のための頭皮ケアシャンプー選び」へ↓↓
頭皮ケアシャンプーサイト
トップページへもどる↓↓
トップページ